学校概要

~次世代を背負う柔道整復師の養成~

本校は、平成13年に北関東初の柔道整復師養成校として開校し、以来充実した教育内容で数多くの柔道整復師を輩出し、信頼と実績を培ってきました。

校舎
【本校の沿革】
昭和62年 3月 群馬県知事より指令(学)第93号をもって設置認可
昭和62年 4月
学校法人国際科学技術学院・群馬情報電子専門学校として開校
初代理事長 寺尾球司 校長 古閑政就任
平成 2年 4月 校長 梅澤錦治就任
平成 3年 4月 校長 横山巌就任
平成10年 4月 IST専門学校に校名変更
平成11年 4月 校長 小板橋義雄就任
平成13年 3月 厚生労働省発医政第272号をもって柔道整復養成校として指定
平成14年 4月 前橋東洋医学専門学校(医療専門課程)に校名変更
平成14年12月 東洋医学専門学校附属接骨院開院
平成15年 4月 校長 北澤正人就任
平成15年 6月  (社)全国柔道整復学校協会入会
平成15年 9月  附属接骨院新築移転
平成16年 3月  第1回卒業式
平成18年11月  創立20周年
平成28年11月  創立30周年

専門知識・技術から人間の心まで育成

理事長 寺尾 球司
DSC_9732a私は、医師・医療人として大切なことは、専門知識や技術は勿論だが最も重要なことは人間の心を規範とした「相互信頼、正しい診断、的確な指示、適切な治療」だと思っている。
本校柔道整復科は、正にこの医療人としての心の育成を目的とし、柔道整復師国家資格取得に目標を置いている。日本古来の手技に加え、日進月歩の医術の発達に適応する能力を培い、合わせて医の倫理観の涵養や社会人としての教養を高め、自らに内在する能力の向上に努め、社会に貢献する医療人の育成を目指している。群馬県で最初の柔道整復師養成校として地域医療の発展に役立ちたいと願っている。

社会のニーズに応える医療人を育成

校長 北澤 正人

校長先生A

本校では、現在社会のニーズに応えるために最も必要で、充実したカリキュラムを組み、東洋医学の高度な技術はもちろん、”鬼手仏心”の精神を持った医療人としての知識を身に付けることのできる学校として皆さんを応援し協力します。
人の手により躰を施術する。
技術に心がこもった施術により、人々を健康に笑顔のあふれる生活に導く。ここで学ぶ内容は、そんな素晴らしい未来へと続いているのです。皆さんが自らの夢をつかめるよう、私たち教職員は心よりお祈りして応援します。

学校概要

~次世代を背負う柔道整復師の養成~ 本校は、平成13年に北関東初の柔道整復師養成校として開校し、以来充実した教育内容で数多くの柔道整復師を輩出し、信頼と実績を培ってきました。 【本校の沿革】 昭和62年 3月 群馬県知事

本校の特色

◆少人数制による極め細やかな授業 本校では、少人数制(1学年30名)による極め細やかな授業を行っています。講師は柔道整復専科教員の他、医師、大学の教員等、優れた講師陣を揃えています。また、各学年の担任が、学生の毎日の生活

教育内容

~心身ともに健全なる柔道整復師を養成~ 柔道整復師とは骨折、脱臼の整復や打撲、捻挫の治療を業とする者です。 この治療法は古来武道家の手技から発展し医療の領域まで向上したもので、今日高く評価されています。 本校は、この医療

施設・設備

~充実した施設と設備~

国家試験合格実績

~全員受験、全員合格を目指して~ 本校の柔道整復師国家試験は、第一期卒業生のときから現在まで、常に高取得率を誇っています。 現在まで卒業生345名中316名が取得し、国家試験取得率の平均はなんと 91.6% ! そしてた

就職

就職では、毎年学生数を5倍を超える求人があり、国家試験に合格した学生全員が、接骨院や病院等、医療関係の仕事に就いています。 就職率はなんと100% ! また、接骨院を開業した卒業生もこの13年間で77人となりました。 国

授業風景

基礎柔道整復学 臨床実習 柔道整復実技

Q&A

皆様より、多く寄せられたご質問をQ&A形式でまとめました。

アクセスマップ

前橋東洋医学専門学校 〒371-0843 群馬県前橋市新前橋町21-16 電話 027(253)1205